利息制限を超えた支払い

不動産担保ローンは、既に所有されている不動産を担保として融資を受けることが出来るローンです。住宅ローンや、リフォームローンなど、融資金の用途に制限は決められていないところがメリットです。 借金が支払いできなくなった際には、不動産が競売による売却されます。そしてその代金というのは、借入金の返済に充てられることとなります。 ただし、売却代金が返済残額に満たない場合におきましては、その分の債務は残ってしまいます。 不動産担保ローンは、担保とされる不動産の評価額によりまして、融資される金額が変わってくるようなローンです。

その場合には多様な会社がありますのでそのような不動産担保ローン会社をご紹介します。 ” みなし弁済は言葉は聞いたことがあっても、意味まで知っている方は一部だと思います。 グレーゾーン金利は過払い金として債務者に返すのが原則ですが、そのまま利息制限を超えた支払いを 受け取ってよい特例のことを言います。 消費者金融などの貸金業者では数年前まで、利息制限法を超えた違法な利息を取っているケースが めずらしくありませんでした。 いわゆる『グレーゾーン金利』のことですが、原則として過去にさかのぼって債務者は払い過ぎた金利を取り戻すための 請求を起こすことができます。しかし、債務者が任意で支払ったことに加えて、いくつかの条件を満たしていればそのまま 違法であるはずの金利で支払いを受け取り続けても良いという特例がみなし弁済です。 みなし弁済を認める条件はとても厳しいものです。 貸金業法で決まっている4つの条件を満たしていなければなりません。


> 山林バンク 山林売買山林情報


・貸金業登録をしている業者であること
・貸金業法17条による契約書があること
・貸金業法18条による受領書があること
・債務者が任意で支払っていること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です